ムリサイド

by 杏仁

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥700 JPY  or more

     

1.
2.
3.
4.
5.
6.
02:26
7.
8.
03:53
9.
10.
11.

credits

released August 31, 2016

music 杏仁
vocal MAYU(VOCALOID)

tags

license

all rights reserved

about

杏仁 Aichi Prefecture, Japan

contact / help

Contact 杏仁

Streaming and
Download help

Track Name: 流線形シティポップ
ブチブチ音を立てて消えていく
嘘をついたバチあたり
人と人の間に距離があるから
孤独になるって誰かが言ってた

それがどうしたっていうのかな
血だらけの新宿も平和
相も変わらずシティポップ
それだけで素晴らしいとおもう

ただただ歌いたくて
見殺しにしてきたものすべて
火葬場で焼きあがるのを待つ

待ってるよ、近未来

近未来
Track Name: アンダーフィッシュ
明日は晴れだよ
晴れだからどうしたんだ
日の出を待つのか
ここは極夜なのに

知性を舐めたな
朝焼けはスケルトン
夕闇に染まるまで
アンダーフィッシュのまま

明晰にして 言葉にして
誰の為って もう要らないって


哲学は死んだと
誰かが言い放った
それならラクダと
セトに会いにおいで

明晰にして 言葉にして
誰の為って もう要らないって


(アンダーフィッシュ スケルトン)


君の孤独を誰も知らない

誰も知らない
Track Name: 哲学は死んだ、野生に帰る
野良猫はいう
「その優しさで愛して
神様はとっくに
匙を投げたから」

変わらない日々
許されない彩り
街頭インタビュー
世論操作を適当に

優しさはコンビニじゃない
哲学は甘くない
死んだも同然だ
死んだも同然だ


毎朝起きても
焼野原じゃなくて
通勤ラッシュ
変わらないことが不満なの

進化するディスプレイ
得意げに語る人たち
本当の哲学の行方を
私たちは知らないのに

世界中が百科事典で
埋もれてしまえばいいのに
疑うのがしんどい
薬で楽になるしかない


いまだ拾われない猫に
「どうしてだろうね?」とつぶやく
毛づくろいに忙しい
きみはわたしみたい

森に帰る日はいつだろう
私は犬として生まれたのに
また朝日が昇る
向こう側まで走ってみようか
Track Name: 虚無のさかな
虚無のさかな
墓場へ行く
浮浪者たち
麻酔銃撃つ

虚無のさかな
骨だけになる
昔のはなし
辿る間もなく

しんしんと積もる
雪は死んだきみを隠す
それでいい
守られるのも時間の問題


虚無のさかな
墓場へ行く
浮浪者たち
麻酔銃撃つ

いまだかつて
見たことない
旗を立てる
「世界征服!」

しんしんと積もる
雪は死んだきみを隠す
わたしは
守られるのも時間の問題


粉々の電子マネー
きみを愛しても
叶わない恋の色を
都会に預けて

息づく津田沼
駅前の歌声
居場所はあるよ
きみがいなくても


虚無のさかな
墓場へ行く
希望を乗せて
燃やさないで
引き出しの中
閉じ込めていて
大事にしてね
失くさないでね

虚無のさかな
Track Name: 魔法
物語はきみに飴玉
飴玉は街に降り注いだ

道化師は街を練り歩く
息を命を切らして

どうしてみんな
満たされないのかな
幸せの意味おしえて

道化師はきみに狩られた
きみは道化師に食べられた

それは空白の爆弾
どうして魔法は存在するの?

なぜなぜドキドキ止まらない
世界は営み続けてる
Track Name: 社会派気象予報士
私はどうにも
今を生きているのかわからない

目が眩んで空を見上げた
飛行機はどこへ向かうのか

何も考えず
生きていけると思ったのに

人間である限り
宿命は私を責め続けるのだ。


誰かのお天気を
伝える気にもなれず

私のお天気を
伝える場所もなく

私のお天気予報は
また外れてしまった

私のお天気予報
もう信じてくれなくてもいい

お天気中継スカイツリー
へし折りたいね
錠剤をばら撒いて
ウミウシにやる


国際組織を私は知らない
テロップで誰かが死んだらしい
この作り笑顔は何も知らない
明日は晴れだといいね
Track Name: 科学者
心が死んだら悲しいの?
とっくに麻痺してしまったよ
クスリの瓶が落ちて割れる

手を伸ばすのは案外簡単
それをはやく教えてくれれば
それを教えまいと大人たち

どのきみがまともで
どのきみが無様なの

生かされていて
見苦しいかい


人間だもの
殺したいよね
いまどれくらい
私殺したい?

もっと嫌って
もっと嫌ってよ
いまどれくらい
私殺したい?

愛してるよ科学者
愛してるよ文明

生かされていて
生かしているんだ


クスリの瓶が落ちて割れる

科学の行く末は
哲学の行く末は
そうやって眺め呆けてたら
21世紀も終わるでしょう
Track Name: 土星の引力
地球の引力に負けそうだ
土星の引力に憧れた

見渡せば人だかりだけれど
信号機もクラクションも

すべてバカらしく思えたら
ハッピーエンドにならないかな


落ちて割れる瓶の音
我を忘れてきみも忘れそう

大切なものはどこにある
あなたが大切な人ですか

鏡の中顔が引きつる
作りすぎた顔が壊れる


壊れたのはあなたの知性の方でしょう


土星の引力に憧れて
尊厳死すら出来ないや

代わりにまた呑み込んだ
錠剤と音楽が神様

哀れな瞳で私を見ないで
土星人が笑う

土星人が笑う
酩酊して笑う
Track Name: ポレルモーレ
膨張して眺める視界は
ホルマリンの寸前で
走馬灯もゆるやか頼りなく
ましな明日を祈る

生きてることを知ったから
希望は意外とあって
我ながら見苦しい生き物だ
それでも許して神様


ひとりの少女が拾い上げた
ボトルにぼやけた暗号
魚釣りをやめて
太陽にすかしてみる

インティア、インティア
まだまだ運命はそこに
少女の髪が揺れる
大事そうに抱えた

この大海原で争いが起きて
それでもまた許して
どこまで行くのか


少女はやがてピアノを弾いて
反戦歌を楽しそうにうたう
記憶の中で眠る
争いの途中
Track Name: 涎の垂れる話をしよう
蝋燭一本のしあわせを
ふたりであたためておやすみ
上の世界は真っ暗だね
宇宙があるなんて嘘みたい

たとえばあのお月様
御団子に見えてきたから
食べてもいいかなぁ
いいや、あれは私のもの

手を伸ばしても
届かないスイーツの世界
どうせいつかは
ブラックホールが独り占めするよ


蝋燭一本でも
触れたら火傷しちゃうね
きみのお肉焼いて食べちゃおう
勝手にしなさい、と受け流す

蝋燭一本でも
消えたら君のこと
見えなくなっちゃうね
それでもそばにいてくれる?

手を伸ばしても
届かないスイーツの世界
どうせいつかは
ブラックホールが独り占めするよ
あそこにあったドーナツも
ポアンカレ予想が食べてしまったよ
科学者たちはどこへ行って
今頃クスリで生き長らえて


どうせいつかは
ブラックホールが独り占めするよ